海外のホテルではどんなトラブルがよく起きているのかチェックしておきましょう

知っておきたい海外ホテルでのトラブル

予約したのに予約がない!?

最近はインターネットのホテル予約サイトがたくさんありますから、海外旅行に行くときには、事前にネットで予約するという方が多いと思います。
「前もって予約から決済までしてあるから、あとは当日ホテルに行くだけで大丈夫!」
ところが当日になってフロントに行ってみると、なんと「お客様のご予約は入っていません」という衝撃の言葉が!

初めて聞いた方はびっくりしてしまうと思いますが、実はこれ、海外旅行で発生しやすいトラブルのひとつなんです。
「どうして!? ちゃんと予約してあったのに!」
と思わず大声を上げたくなってしまうかもしれませんが、まずはとにかく落ち着くことが大事です。

単純にホテルスタッフの確認ミスである可能性もあります。
まずはパスポートやホテルバウチャー(予約確認書)を提示して、本当に予約が入っていないのかもう一度確認してもらいましょう。

対処方法と予防策

まず最初にするべきことは、上記のとおりもう一度よく確認してもらうことです。
名前のスペルミスや姓名が逆になっているなど、意外と初歩的なミスである可能性もあります。

他にもさまざまなトラブルが発生したときのために、ホテルバウチャーは必ず印刷して持って行きましょう。

問題は、もう一度確認してもらって、それでも予約がないと言われた場合。
その場合の対処はケースバイケースになってしまいます。
今からでも空いている部屋に泊まることはできないのか、もしくは近くにある別のホテルに泊まることが可能なのか、などなど……。

外国語での交渉に不安を感じるという方は、日本語での現地サポートを利用するのも手です。
数あるホテル予約サイトの中には、現地でのトラブルに対処できるよう、現地サポート窓口を用意しているところもあります。
そういったサイトを利用すれば、いざというとき、とても心強いかと思います。